災害への備えは自然への理解も必要

Disaster preparedness also requires an understanding of nature

自然災害への備え Natural Disaster Preparedness

地震、津波、火山の噴火、洪水、嵐などの緊急事態はいつでも、時には警告なしに発生する可能性があります。すべての自然災害は混乱を引き起こし、財産に損害を与え、命を奪う可能性があります。あなた自身、家族、家、ビジネス、コミュニティを守るために今すぐ準備をしましょう

家庭の緊急時計画は、次のことを解決するのに役立ちます。

  • 地震、津波、火山の噴火、洪水、嵐などの緊急事態が発生した場合、皆さんはどう行動するか。
  • イベント中またはイベント後に会う方法と場所。
  • 緊急物品を保管する場所と、備蓄品の管理を誰が担当するか。
  • それぞれが持ち出し袋に入れる必要があるものと、それらを保管する場所。
  • 障害や特別な要件を持つ家族、家族、地域社会のメンバーのためにあなたがしなければならないこと。
  • ペット、家畜のためにしなければならないこと。
  • 家庭や会社の水道、電気、ガスのメインスイッチをいつ、どのように止めるか。ガス漏れが疑われる場合、または当局から指示された場合にのみガスを止めてください。ガスを止めた場合、元に戻すには専門家が必要となり、イベント後の対応には数週間かかる場合があります。
  • イベント中に民間防衛情報を得るためにどの地元ラジオ局を視聴すればよいか
  • 緊急時に民間防衛緊急管理グループに連絡して支援を求める方法。
  • 生命や財産が脅かされている場合は、必ず 110 番に電話してください

さらに災害の危険要因として下記も参考に

  • 重い家具、備品、電化製品はどうなるのか考えてみましょう。
  • 本棚やその他の上部に重い家具は、金属製のアングル ブレース、「L」字型ブラケット、ラグ スクリューを使用してスタッドに固定します。
  • 棚を本棚に固定します。冷蔵庫、洗濯機、その他の大型家電の動きをローラーをブロックして止めます。
  • ガラスが飛来していないか確認してください。
  • 煙突が安全であることを確認し、温水シリンダーを固定してください。
  • 重い鏡や写真をベッド、椅子、ソファの上にワイヤーでアイネジに通してスタッドに固定します。
  • ベッドを窓から遠ざけてください。
  • 消防、警察、救急車、医師などの緊急電話番号を電話のそばに控えておいてください。
  • 水道、ガス、電気の元のスイッチを止める方法を子供たちに教えてください。
  • ガスと水道を止めるのは、ラインの損傷が疑われる場合、または緊急当局から指示された場合にのみ行ってください。
  • 電池式ラジオを手元に置いて、地元の緊急事態当局の指示に従ってください。
「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ
Signs indicating evacuation

心肺蘇生と一次救命処置  Cardiopulmonary resuscitation and primary life support

  • 頭を傾け、あごを持ち上げる:片手を額に置き、もう片方の手の指をあごの骨の部分に置きます。額に当てた手を使って頭を後ろに傾け、同時にもう一方の手の指で顎を上に持ち上げます。
  • ジョースラスト:片手を頭の両側に置きます。指を顎の角度に置き、頭を後ろに傾けずに顎を前方に持ち上げます。
  • フィンガースイープ: 意識のない負傷者の気道異物の閉塞を除去するために、腹部突き上げとともに使用されます。下顎と舌を親指と指でつまみ、顎を持ち上げて口を開けます。もう片方の手の人差し指を頬の内側に沿って喉の奥まで差し込みます。異物を取り除くには引っ掛ける動作を使用してください。

準備 Preparation

  • まず自分自身の安全を確保し、次に被害者の安全を確保してください(たとえば、被害者が道路に横たわっている場合は、対向車に警告する措置を講じます)。
  • 被害者をそっとたたき、「大丈夫ですか?」と叫びます。被害者が反応でき、その場所からそれ以上の危険がない場合は、被害者をその場に残してください。反応がない場合は、大声で助けを求めてください。複数の救助者がいる場合は助けを求めてください。
  • その人に、119番に電話して救急車を呼び、救急車が到着していることを確認するために戻ってくるように依頼します。救急車の指令員に現場に最も近い場所と電話番号を伝え、電話を切る前に他の情報を提供できるように準備してください。
  • 指示があるまで電話を切らないでください。
  • 一人の場合、救助者は救助に行く前に、被害者の無反応や生命の兆候の欠如を評価する必要があります。
  • 被害者は硬い面の上に仰向けに寝ていなければなりません

心肺蘇生法 Cardiopulmonary Resuscitation

  1. 負傷者を仰向けに寝かせます。しっかりした表面の上に置いてください。
  2. 負傷者の片側にひざまずきます。
  3. 肋骨と胸骨が接する部分の切り込みを見つけます。
  4. 片方の手の中指を切り込みに置き、人差し指を中指の隣に置きます。
  5. もう一方の手のかかとを 2 本の指の横に置きます。
  6. もう一方の手を上に置き、両手のかかとが胸骨の同じ位置に来るようにします。
  7. 指を組み、胸に当たらないようにします。
  8. 肘をまっすぐに伸ばして固定し、肩を傷病者の胸の上に置き、体の重みを利用して胸骨を 4 ~ 5 cm (大人の親指の深さ) 圧迫するまでまっすぐ押し下げます。圧迫とリラックスを均等な時間で行えるように、途切れのないスムーズなリズムを使用します。
  9. 1分間に80~100回の圧迫速度で30回の圧迫を行います。
  10. ゆっくりと深呼吸を 2 回繰り返します。
  11. 手の位置を変え、さらに 30 回の圧迫/2 回の呼吸を行います
  12. 圧迫 30 回/呼吸 2 回の割合を続けます。胸骨圧迫と呼吸の 4 サイクルが完了したら、さらに 2 回呼吸を行って、首の脈拍を確認します。
Tab 2

キッチンカー:これを被災地に運ぶ手段が必要。ヘリで運ぶのが最適

Tab 4

NAS電池:大型電池 https://www.ngk.co.jp/product/nas-about.html

非常持ち出し袋を用意することで早く逃げ出せる可能性がある

AEDの使い方

基本3ステップ

Three Basic Steps


AEDライフ

緊急キットと持ち出し袋 Emergency Kit and Carry-On Bag

ほとんどの緊急事態では、自宅に留まることができるはずです。3 日間以上、自分と家族の世話ができるように計画を立ててください。急いで外出しなければならない場合に備えて、自宅用の緊急キットと持ち出し袋を組み立てて管理します。職場や車にも緊急時の必需品を備えておく必要があります

シリーズ累計販売数60,000セット突破 防災セットSHELTERシリーズ

アイテム

  • 予備バッテリー付きトーチまたは自己充電トーチ
  • 予備電池付きのソーラーまたは電池式ラジオ
  • 防風・防水服、日よけ帽子、丈夫なアウトドアシューズ
  • 応急処置キットと必須医薬品
  • 毛布または寝袋
  • ペット用品
  • 緊急トイレ用のトイレットペーパーと大きなゴミ袋
  • フェイスマスクと防塵マスク。

3 か月ごとにすべてのバッテリーをチェックしてください。電池式の照明が最も安全で簡単です。キャンドルは地震の余震や突風で倒れる恐れがありますので使用しないでください。灯油ランプは大量の換気を必要とし、屋内での使用を目的として設計されていないため、使用しないでください

食料と水

  • 少なくとも3日分の食料と水
  • 乳児や幼児向けの保存食(缶詰や乾物)、粉ミルク、飲料。
  • 水 – 飲料用に 1 人あたり 1 日あたり少なくとも 3 リットル。
  • 洗濯や料理に使う水。
  • 調理用のプリムスまたはガスバーベキュー。
  • 缶切りです。

少し多いかもしれませんが大きめの旅行カバンなどがあればこれらのモノをすぐ出せる場所に詰めて置く。

  • 懐中電灯とラジオ、予備電池付き。
  • 補聴器(および予備バッテリー)、メガネ、移動補助具などの特別なニーズ。
  • 民間防衛センターや支援が見つかる可能性のある場所への到着が遅れた場合に備えて、非常用の水と、エナジーバーや乾物などの持ち運びに便利な食料を用意します。特別な食事制限がある場合は、応急処置キットと必需品を追加で用意してください。
  • 粉ミルクや食べ物、おむつやお気に入りのおもちゃなど、乳児や幼児の必需品。
  • 着替え(防風・防水服と丈夫なアウトドアシューズ)。
  • バスアメニティ – タオル、石鹸、歯ブラシ、生理用品、トイレットペーパー。
  • 毛布や寝袋。
  • フェイスマスクと防塵マスク。
  • ペット用品。
  • キットには、身分証明書 (出生証明書、結婚証明書、運転免許証、パスポート)、財務書類 (保険契約書や住宅ローン情報など)、貴重な家族の写真などの重要な書類を含めてください。
≪防災安全協会認定 大容量30Lリュック採用≫ 防災セットSHELTERシリーズ

関連情報

関連データ

地震に備える想定訓練 Earthquake Preparedness Drill

  • 地震は前兆がないため、地震が発生したときに家、学校、職場にいる可能性があります。今すぐ安全のためにすぐに行ける場所を考えてください。例えば:
  • 飛来する破片による怪我を避けるため、数歩以内の近くの場所に保管してください。
  • 丈夫なテーブル (職場のデスクなど) は十分な保護を提供します。テーブルの脚を掴んでテーブルが動かないようにします。
  • 内壁の隣、割れて怪我をする可能性のある窓や、落ちてくる可能性のある高い家具から離れた場所。
  • 腕で頭と首を守ります。(現代の住宅には通常、壁よりも強度のある出入り口がないため、ドアが揺れて怪我をする可能性があることに注意してください。)
  • エレベーターに乗っている場合は、1階まで降りてカバーをしてホールドしてください。揺れが収まったら、安全にできる場合は最寄りの階まで外に出てください。
  • 落として、カバーをして、揺れが終わるまでそのままにしておきます。地震が 1 分を超えた場合、または立っているのが困難なほど強い場合は、すべての津波避難区域の外、または津波の危険がある可能性があるできるだけ内陸部の最も近い高台に速やかに移動してください。
  • 車を運転している場合は、空いている場所に車を停め、シートベルトを締めて停止してください。揺れが収まったら、安全だと思われる場合は車を運転し、損傷している可能性のある橋やスロープを避けてください。
  • ベッドにいる場合は、周辺にガラスや棚を置かない、照明は壁掛けにし、そのままベッドにいてシーツや毛布をかぶり、枕を使って頭と首を守りましょう。ベッドに寝ていれば怪我をする可能性は低くなります。
  • 杖を使用している場合は、ドロップ・カバー・アンド・ホールド、または椅子やベッドなどに座り、頭と首を両手で覆ってください。揺れが止まったら使えるように、杖を近くに置いておきましょう。
  • 歩行器や車椅子を使用する場合は、ロックし、カバーをかけて保持してください。車輪をロックしてください (該当する場合)。歩行器を使用する場合は、できるだけ姿勢を低くしてください。かがんで頭と首をできる限り覆ってください。その後、揺れが止まるまでそのままにしてください

緊急時非常ボタン

Emergency Emergency Buttons

日本昇降機株式会社

賃貸事務所ドットコム

可能な限り家の安全 Home safety whenever possible

火災安全

  • 煙感知器熱感知器 各部屋別に1個設置
  • 有線アラーム
  • 単純な事実: 住宅火災による負傷や死亡を防ぐ最善の方法は、煙熱警報器を設置し、適切に作動させることです。 住宅火災の悲劇的な犠牲者となるのは、多くの場合子供たちです。火災はすぐに家を炎に包み込む可能性があるため、早期警戒のための煙熱警報器と、全員がすぐに家から脱出できるように非常階段計画を立てることが重要です
    2階は通常出口は内階段一つですので1階が火災時にどうするか、2階に消火器設置も一つの方法。
  • 消防局によると、住宅火災は家の他の場所よりもキッチンから発生することが多いという。放置された調理は他の火災原因よりも多くの死亡原因を占めており、揚げ物は調理火災の主な原因となっています

耐震補強 Earthquake reinforcement

家屋の構造はそれぞれ違うので専門家によるチェックと必要な補強を相談してください。木造、2x4、パネル工法(木質系鉄骨系プレファブ)、S造、S+木造、S+組積造
家が潰れるケースは必要なモノが出せないことが多く、生命の安全確保と言う意味で空間を保持できる構造を確保したいものです。

次ページ資料(耐震技術)

Next page (Earthquake Resistance Technology)

Follow me!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP
上部へスクロール